こんにちは。

凍子です。

パセリといえば、お弁当の彩り?お刺身盛り合わせのアクセント?

から揚げにレモンと共に添えるもの?
パセリはそえもの、脇役、のイメージですよね。

主役は張れない、ひっそりとたたずんでるような

そういえば、いるね。みたいな存在。

でも、ないと料理が引き立たないからなくてはならない。


料理を引き立てるためにパラパラとかけることはあっても

好んで食べる人はほとんどいないような。


わたしも、あえて添えてあるパセリを食べようとは思わなかったのです。


でも

パセリの栄養・効能を知ってしまってからは、パセリに対する見方がすっかり
変わりました。



パセリ、すごいのですよ!



パセリの栄養成分 (葉 生 100gあたり)
野菜162種類中の、栄養価ランキング

  鉄分  1位 7.5mg
カリウム   2位 1000mg
カルシウム  2位 290mg
βカロテン  4位 7400㎍
ビタミンC  6位 120mg

 
                   (ためしてガッテン情報)
 

素晴らしい栄養価なのに、なぜ脇役なのか~?

しかもパセリは血を巡らせる、血を補う、という作用がある
体を温める性質の食材です。

冷え性改善のためには、欠かせないですね!



プランターで手軽にできるので、お家で栽培している方も多いかと思います。

うちでは地植えの家庭菜園で、パセリがぐんぐんと大きく広がってます。
DSCF5580



DSCF5821


パセリをそのまま食べると、強い香りや苦みを感じたりして食べにくいかもしれません。

なんとそのパセリが30秒でおいしくなります。
(ためしてガッテン情報)


1.フライパンを1分予熱します。
(油を引くとよりおいしくなります。)

DSCF5827


2.パセリを入れふたをして30秒強火で加熱。

DSCF5828

DSCF5830

出来上がり。

DSCF5831


この30秒加熱したパセリをたっぷり使って、冷え性改善かんたん料理をつくります。


卵4個を


DSCF5826

30秒加熱したパセリのフライパンに流し込み

DSCF5833

スクランブルエッグにします。

DSCF5835


ケチャップをかけて出来上がり~

超かんたん冷え性改善料理です。

パセリが多すぎたかな?と思いましたが、多めがおいしいことに気づきました。

パセリが主役といってもいいくらい、おいしいです。



もう一品は、パセリ入りハンバーグ。

みじん切りパセリをたっぷりいれます。
DSCF5802

ソースをかけて出来上がり~

DSCF5817

パセリのさわやかさが効いてて、こちらもものすごくおいしいです。


冷え改善にも働いてくれるので、積極的に取り入れて
夏のクーラー冷えと体質改善を目指していきたいです。


にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ